HOME

ドメーヌ長谷(合同会社Hikaru Farm)は、2017年の9月に酒類製造免許の認可を受けた、家族経営の小さなワイナリーです。長野県北部にある高山村の福井原地区の、北信五岳が見渡せる標高800mの素晴らしい風景の中に、約6haのぶどう畑他とワイナリーを構え、自家栽培自家醸造を中心としたワインづくりをおこなっています。

環境に負荷をかけないぶどう栽培

ヒカルファームでは、微生物も含めた福井原という素晴らしい全体環境に極力負荷をかけずに栽培することで自然環境とぶどうの共生を目指し、この風景のように心に響くワインになると信じています。持続可能な農業としてのワインづくりを目指しています。

Hikaru Farm believes that cultivating with as little burden as possible on the wonderful natural environment of Fukuihara Plain, including microorganisms, will result in wine that resonates with the heart like this landscape, aiming for a symbiosis between the natural environment and the grapes. We aim to make wine as a sustainable agriculture.

野生酵母によるシンプルな醸造

ドメーヌ長谷は、微生物を含めた自然環境の恩恵をセラーでも受けるため、ぶどう畑の中にワイナリーを構えています。野生酵母による自然な発酵で醸造を行い、ぶどうの力を最大限発揮できるよう人の手を極力介さない、シンプルなワインつくりを心がけています。

Domaine Hase is a winery located in a vineyard. Our wine is cultivated using natural fermentation with wild yeasts, and we strive to make simple wines with as little human intervention as possible to maximize the power of the grapes.

葡萄へのこだわり

福井原の環境に合うぶどう品種を探求しつづけています。さまざまな品種をワインの出口を考えながら混植しています(フィールド・ブレンド)。また、ポテンシャルを発揮できる可能性が高い品種には数種類のクローンも導入しています。複数品種とクローンの混植で、ワインの複雑な味わいを目指すだけでなく、多品種栽培による自然環境との共生も考えています。

We continue to search for grape varieties that are suited to the environment of Fukuihara. We plant a mixture of different varieties with consideration to how they would taste as wine, and have also planted several clones with high potential. By planting multiple varieties and clones, we not only aim to achieve a complex flavor in our wines, but also to coexist with the natural environment by cultivating multiple varieties.

主な製品紹介

Domaine Hase
Pino Fan blanc 2018

Domaine Hase 
Pino Fan rouge 2018
Fukuihara Blanc 2018

SNS

INSTAGRAM